FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

住宅に使われる木材ができるまで(番外編)

木材は、強度や耐久性を向上させるために、プレカット前に様々な加工が施されています。ストックヤード編で見た背割りもそのひとつ。

それ以外にもこんな加工が施されています。

こちら、木材の乾燥機。柱や梁になる材を乾燥させるので、かなり大掛かりな機械です。
乾燥機01

内部はこんな感じ。
乾燥機02
木材は乾燥させないままだと強度が弱く、腐りやすいです。昔はストックヤードで2~3年寝かせて乾燥させていましたが、現在ではほとんど機械で乾燥させています。機械だと大体2週間程度で乾燥させることができます。乾燥機の種類も色々あって、木材の使用目的別に使い分けられます。

こちらは木材に防腐剤を浸透させる機械。
防虫剤浸透
材を入れたらフタをして、防腐剤をタンクの中に充填して圧力をかけることで防腐剤を木材に浸透させます。

これら以外にも、木が燃えにくくなるよう不燃剤を浸透させるなどの加工を施すこともあります。安全な木材を作るために、様々な工夫が凝らされていることがわかる見学会でした。フォレスト西川さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト
2010-12-08 : メモ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

triggerdesign

Author:triggerdesign
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。