FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

レンガの魅力

埼玉県は深谷市で煉瓦を焼く窯を見てきました。
現在は廃業していますが、日本煉瓦製造という会社が持っていた窯です。今は重要文化財になっています。

こちらは窯の入り口を窯の内部から見た写真。煉瓦が床に対して斜めに積まれていますね。面白い。
深谷レンガ窯入口

窯の内部はこんな感じ。
深谷レンガ窯内部
窯の平面は陸上競技のトラックのようにぐるりと1周できるようになっています。その窯を紙(!)のパーティションで18のエリアに仕切って、順番に「窯詰め(焼成前の煉瓦の設置)」「焼成」「冷却」「釜出し(焼成後の煉瓦の取出し)」を行うことで、火を絶やすことなく煉瓦を造り続けられるようになっています。火を絶やさないってことが、他ジャンルも含めて火を扱う工場のポイントですね。

斜め積みも含めて、レンガは面白いと思うのですが、使い方がピンとこない。構造として使うには地震の多い日本では厳しいし、仕上げとして使うにも剥離・脱落が怖い。

そんなことを考えているうちに思いつきました。建築レベルで使うから難しい。家具レベルに近づけると面白いかも。なにかできそうです。
スポンサーサイト
2010-12-10 : メモ : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

triggerdesign

Author:triggerdesign
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。