FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『「感動」禁止!』

感動したというと少し大げさだけど、クワクボさんの「10番目の感傷(点・線・面)」には心を動かされました。なので別に感動できないわけではありません。感動したくない、と思っているわけでもありません。でも、『世界の中心で~』系の小説とか「突然見出された天才中年歌手」系の音楽にはあまり興味がありません。


多分、与えられることに慣れていないのでしょう。


どういうことか。
テレビ番組のテロップに見られるように最近のメディアはとても親切で、感動させたいコンテンツは感動できるように作られています。スポーツであれば試合の前にそれまでの苦闘を振り返ったり、音楽であれば演奏者の生い立ちからの映像を流してみたり。多くの視聴者がキチンと感動できるよう作られています。

でも、全部与えられると感動できないんです。こちらから動かないと感動できない。そんな自分の傾向を発見できた一冊でした。みなさんはどうですか?

photo
「感動」禁止!―「涙」を消費する人びと ベスト新書
八柏 龍紀
ベストセラーズ 2005-12

by G-Tools , 2011/03/05

スポンサーサイト
2011-03-05 : ブック : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

triggerdesign

Author:triggerdesign
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。