FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『200万都市が有機野菜で自給できるわけ』

2002年の本ですが、出版当時よりも震災後の今、より重要度が増している本だと思います。

ソ連崩壊とアメリカによる経済封鎖によって、食料・エネルギー・医薬品などが極端に不足したキューバ。そんな絶体絶命の状況からどのように回復したのか。そのプロセスが主に都市農業を軸にして記されています。

キューバを襲った絶体絶命の状況は、東北地方太平洋沖地震によってダメージを受けた現在の日本に重ねることができると思います。キューバは危機に直面した当時、それまで採用していた社会システムのマイナーチェンジで難局をしのごうとはせず、自国の自然環境や伝統文化を考察し、社会システムのフルモデルチェンジを行いました。革命の理想を維持したまま。

日本も今、変革を迫られています。被災地をそのまま復興して、防災施設の強度を上げるようなマイナーチェンジではなく、日本の風土に合ったライフスタイルやそのために必要な都市計画、エネルギー供給システムを構築するフルモデルチェンジが必要ではないでしょうか。

スポンサーサイト
2011-03-21 : ブック : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

triggerdesign

Author:triggerdesign
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。