FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『アイデアのつくり方』

ずいぶん昔の本ですが、『アイデアのつくり方』を読みました。
広告製作者向けに書かれた本ですが、およそデザインに関わる全ての人に役立つ本だと思います。

とても薄いこの本の内容は、「アイデアのつくり方」のみに絞られています。著者は5つのステップをふむことで、それができると主張します。このステップ、クリエイティブな仕事をしている人はおそらく一度は経験していると思います。

面白いのは最後の5番目のステップ。著者の表現が面白いので、少し長いですが引用します。
アイデア作成過程を完結するために通り過ぎねばならないもう一つの段階、翌朝の冷えびえとした灰色の夜明けとも名づくべき段階である。
 この段階において諸君は生まれたばかりの可愛いアイデアをこの現実の世界の中に連れ出さねばならない。そうすると、この子供が、諸君が当初産み落とした時に思っていたようなすばらしい子供ではまるでないということに気づくのがつねである。


ある ある ある ある(笑)。

著者は親切にも、そんな場合の解決方法まで教えてくれています。
この段階までやってきて自分のアイデアを胸の底にしまいこんでしまうような誤は犯さないようにして頂きたい。理解ある人々の批判を仰ぐことである。」

なるほど!その手があったか!
普段、人に相談することがない僕には目からウロコでした(ホントです)。今度からそうしよう。

後半部分は地球物理学者の竹内均さんの解説で、本文をさらにわかりやすくしています。薄い本のクセに充実の内容。何度でも読み返したくなる名著でした。

photo
アイデアのつくり方
阪急コミュニケーションズ 1988-04-08

by G-Tools , 2010/03/18

スポンサーサイト
2010-03-18 : ブック : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

triggerdesign

Author:triggerdesign
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。