FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『タオ自然学』

30年以上前に出版された本ですが、『タオ自然学』を読みました。


現代物理学と神秘主義の類似性を指摘するこの本は、そのどちらにも疎い僕には大変面白く、勉強になりました。現代物理学についてはニュートン力学の終焉から相対性理論と量子論の発展に至る過程を、神秘主義についてはヒンドゥー教や仏教、禅などの世界観をざっくり知ることができます

(本書の目的とはズレますが)面白いことに、現代物理学と神秘主義はセットで解説されると双方の理解が容易になる気がします。実際、それぞれを単独で説明された場合、この本の内容の半分くらいしか理解できなかったかもしれません。例えば「色即是空 空即是色」を神秘主義の観点から説明されても「?」という感じですが、類似が指摘されている量子電気力学と一緒に説明されるとストンと理解できます。逆に神秘主義の世界観はデカルトの二元論からの脱却を求める現代物理学の世界観の理解を助けてくれます。
仏教や儒教が文化の根底を担っている日本人は、特に両者をリンクさせて理解しやすいと思います。

読んでいるうちにヒンドゥー教や仏教の発展の過程についても興味がわいてきますが、本書ではほとんど説明されていません。良書がないか調べてみます。

(追記)
もうひとつ気になったこと。現代物理学と神秘主義の類似性は、理系学生がアブナイ宗教にはまるのに関係あるかどうか。大勢の物理学者たちが長い時間をかけて地道に近づいている境地に、神秘体験一発で辿り着けるとそそのかされると転んでしまうのかもしれない。
スポンサーサイト
2010-03-28 : ブック : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

triggerdesign

Author:triggerdesign
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。