FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

はちのすハウスの構造

はちのすハウスの構造は、SE構法を採用しています。SE構法とは構造体に集成材を用いたラーメン構造で、柱のない大空間を作るのに適しています。(参考:SE構法

はちのすハウスがSE構法を採用した理由は3つ。

1.大空間が作れるから
 はちのすハウスのリビングはとにかく大きいんです。大きすぎて普通の木造では柱を何本か立てないと成立しません。しかし、柱が立ってしまうとリビングでの活動がすこし不自由になってしまう。SE構法を採用することで、柱のない大きなリビングが実現できました。

2.構造計算できるから
 一般的に、木造2階建ての住宅は構造計算されません。建築基準法でも求められていません。でも...。SE構法では「大規模建築と同様の応力解析による構造計算」が行われます。トリガーデザインは、空間的にチャレンジするときにこそ、しっかりとした安全に対する検証が必要だと考えています。(ちなみにトリガーデザインでは、はちのすハウス以外の通常の注文住宅の場合でも、構造の専門家に依頼して構造計算を行います。毎回空間的にチャレンジするので。)

3.保障がつくから
 SE構法を提供している株式会社エヌ・シー・エヌは「SE住宅性能保証」という保証を用意しています。これは施工後の瑕疵責任を保証するための保証制度です。(詳しくはコチラ

以上の3点がSE構法を採用した大きな理由です。構造形式は、それぞれの建物が持つ空間の特徴に合わせて選択する必要があります。トリガーデザインは、(少しコストはかかりますが)構造計算をすることによって、最適な構造形式の空間が得られ、それが楽しさや安心につながると考えています。
スポンサーサイト
2008-12-26 : はちのすハウス : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

triggerdesign

Author:triggerdesign
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。